隣町で夏鳥に会う

夏鳥には主に県外に出て探してますが実の所隣町に唯一着ているところがあるのですだけど車の止めるところが多くなく数台しか止められずそれも狭いといった事からここ数年出かけて無かったのだけど他の道からアプローチしてみました
しかし山越えとなるのでかなりキツイ、昨日は20年振りくらい前に歩いた道だったので道を間違えて行けども行けども森の中、ようやく立て札が出て来て違う事に気づいた、もう疲れたのでちょっと正しい道に差し掛かった所で引き返した、丁度そこでキビタキのメスが巣材をくわえて居るのを発見、最初餌をくわえていると思ったのだが巣材と気がついてそそくさと退散、巣作りの時は放棄してしまう事があるからあまり刺激したくない。
それで今日は再度チャレンジ、昨日は間違った方向へ行った時キビタキが囀り合っている場所があったけど入り口からは奥まった所だった今度行ってみよう、オオルリが沢山囀っていた、10羽くらいは囀っていた、サンコウチョウはまだ来ていない、っていうか鳴いてないので今月後半頃かも、今日は歩いていたら偶然オオルリが比較的低い所まで降りて来ていたので撮影、それでもかなり遠かった、往復4時間の山歩きはきつい、疲れたぁ~

[PR]

by y_enochan | 2008-05-01 20:21